iPhone修理 HOME > ホームボタン修理

iPhoneホームボタン修理について

iPhoneのホームボタンも使用頻度が高くなるにつれ、
故障頻度の高いパーツの一部と言えるでしょう。

ホームボタンを強く押し過ぎることが主な原因の一つです。

よくある症状としましては、徐々にボタンの効きが悪くなり始め、その内、
全く作動しなくなると言ったケースです。

 

こうなるとHOMEに戻れなくなるため、iPhoneの機能自体がストップしてしまいます。

ホームボタンの効きが悪くなり始めたら注意信号!すぐに修理することをオススメ致します。

現在、当店ではキャンペーン期間中につき、 iPhoneホームボタンの修理価格が\6,800
大変リーズナブルな料金で対応させて頂いております。

ホームボタンのトラブルでお困りの方は、この機会にぜひご利用くださいませ。

◆ Repair masterの iPhoneホームボタン修理 事例コメント ◆

【case1】

こちらのお客さまはホームボタンの効きが悪いとの事で当店にお越し下さいました。

携帯電話を拝見しますと、確かにホームボタンの効きが悪いです。

お話を伺いますと、よく携帯電話はお使いの様子で、
携帯電話を持って1年6か月程経つみたいです。

この頃、反応がいまいちで、3回に1回の割合でないと反応しない・・・
とおっしゃっておられました。

 

ホームボタンケーブルの寿命は平均1年6か月程と聞いています。

携帯電話をよくお使いのお客様はこの数字よりもっと早まることもあります。

ホームボタンケーブルも他のケーブル同様、消耗品ですから、
使えば使うほど、ヘリは増えます。

こちらのお客様のホームボタンケーブルの寿命もそろそろだったのでしょう。

携帯電話をお預かりして、30分程で交換作業は終了しました。

交換後は反応も良く、お客様も前みたいに反応が良くなったと喜んでおられました。

【case2】

こちらのお客様は、友達にドックコネクターを交換してもらってから、
ホームボタンが全くきかなくたったのと、スピーカーから音が出ない、
電波が届かないと言った症状で、当店にお越し下さいました。



まず、お友達が修理をされたと言うことから、どこの箇所が悪くなっているのかが分からないため、動作確認を行うことにしました。 お客様に説明をして、携帯電話を預かりました。



携帯電話をみますと、まず、3Gのアンテナが折れてます。
これが原因で電波が届かなかったのでしょう。



つづいて、ラウドスピーカーを外しますと、ホームボタンケーブルが外れてます。
これが原因でホームボタンが効かなかったのですね。



原因が判明しましたので、お客様に説明をしました。
ラウドスピーカーに3gのアンテナもついてますので、交換はラウドスピーカーだけで、
スピーカーから音が出ないというものと電波が届かないというものは修理可能です。



お客様は修理を依頼されましたので、携帯電話を再びお預かりになり、
ラウドスピーカーの交換作業に入りました。
作業は20分程で完了しました。



交換後は、電波もしっかりキャッチしますし、スピーカーからも音は聞こえるようになりました。 ホームボタンのケーブルは外れていただけだったので、サービスで付けさせて頂きました。



修理が無事終わりよかったです。
ありがとうございました。

◆iPhoneホームボタン修理の事例◆


▲このページのトップへ